/ ディズニー /

【高所恐怖症向け】/ ソアリンの怖さを軽減する方法 / 東京ディズニーシー /

ななめ
今回の記事では、ソアリンに乗る時に気を付けたいことについて、高いところが苦手なななめせん (目線) で書いていきたいと思います!

こんな人におすすめの記事

  • ソアリンの怖さを軽減したいという人
  • 高いところが苦手な人
  • ディズニーが好きな人

高いところが怖いという感覚。

おそらく、普通の人でも理解できる感覚なのではないかと思いますが、高所恐怖症だと尚更。

そんな自分が、東京ディズニーシーのアトラクションで衝撃を受けたのが、

/ ソアリン!!!/

このアトラクション、高所恐怖症の人にはなかなかしんどいアトラクションです。

しかし、恐怖を和らげる方法があります。

自分はそれを知らなかったので、記事にしておこう。

とそういうテンションで執筆しております。

そして、まずは結論を知りたいという人のために敢えて結論から申し上げますと…

/ 本記事の結論 /

高いところが怖いという人はソアリンに乗る直前にキャストに申告すべし

ということでございます。

気になる方は / ななめ読み / してみてください!

/ 1 / ソアリンについて /

まずはソアリンについて基本情報と体験談を書いていきたいと思います。

若干ネタバレ要素も含まれるので、ご了承の上、ご覧くださいませ。

/ 1-1 / ソアリンとは? /

※写真出典:公式ホームページより

メディテレーニアンハーバーの丘に位置する博物館 / ファンタスティック・フライト・ミュージアム / がアトラクションの舞台となります。

そこにある展示物のハイライト / ドリームフライヤー / に我々は乗り込みます。

すると、あら不思議!世界中の景色を遊覧飛行して楽しむことができるという内容になっています。

詳しくは公式ホームページを確認してみてください!

動画もあってわかりやすいと思います!

公式ホームページはこちら

/ 大迫力の映像 / 座席の動き / 風 / などにより、まるで本当に飛んでいるかのよう…

フライト自体の所要時間は約5分となっております。

自分にとってはとても長く感じる5分間でした… (笑)

ななめ
パラグライダーを映像や臨場感あふれる演出で体験できるアトラクションと説明するとわかりやすいかもしれませんね!

/ 1-2 / 恐怖の体験談 / 1回目の乗車 /

ななめ
この節では初ライドの体験談を書いていきます!

自分がこのアトラクションを初めて体験したのはオープンした年である2019年でした。

乗り場までは豪華な内装や最新技術を使用した世界観の演出に魅了されていました。

※現在は新型コロナウイルス感染防止の影響で一部演出がカットされている可能性があります。

1ミリも恐怖のアトラクションであるということを疑う余地はありませんでした。

しかし、スタンバイエリア (アトラクションに乗るところ) の直前の部屋でこんな警告がありました。

/ 高いところが苦手な方はキャストにお伝えください!/

/ …ん、何?どういうこと? /

当時、友人と一緒だった自分は乗る直前ということもあり、申告できず…

というかよくわからず…

その後は約5分の所要時間をうめき声をあげることしかできませんでした!/ ウゥゥゥゥゥ /

景色を楽しむ余裕もなく、終わった後も30分くらいは屍のごとく、ぐったり。(笑)

新アトラクションということもあり、薄目で全部見ていましたが、

/ 景色の映像自体は素晴らしい!の一言 /

特に元旅行会社ので海外部門を担当していた / ななめ / としては

だいたいの観光地の名前や概要を理解できたので、より一層楽しみが深まる内容…

と言いたいところですが…

それと同時に、この観光地きそうだな…みたいな予想ができたりして、

なんか違う種類の怖さもあったり…

たとえば、ドイツの / ノイシュヴァインシュタイン城 / なんかは、

/ やっぱりきやがった アァァァァァァ /

ってなりましたね…

これが1回目のソアリンの体験談です。

トラウマ必須。もう二度と乗るまい…と思いました。

/ 1-3 / 恐怖の体験談 / 2回目の乗車時 /

ななめ
実は自分このアトラクションに過去2回乗っています。2回目も怖かったのですが、あることに気づきました!

2回目の時は、彼女の誕生日で東京ディズニーシーへ!

二度と乗るまいと心に誓ってから約1年たった2020年。

過去の記憶が曖昧だったのと、誕生日の主役たっての希望で再びあのアトラクションへ…

並び列が進むと蘇る記憶。

しかもコロナ禍であの素晴らしい演出がカットされており、数少ない楽しみもお預け…

そして、今回も乗る直前で響くあのアナウンス。

/ 高いところが苦手な方はキャストにお伝えください!/

彼女の手前なかなか難しい…

/ そもそも申告したらどうなるのだろう /

そんなことを考えながら、再び乗車。

5分間の地獄を耐え抜く。

そして終わった時にふと思う。

/ あれ、1回目より怖くなかったぞ… / 

慣れなのか、、、覚悟が決まってたからなのか、、、

とあれこれ考えていたが、やはり1番気になったのが

/ 前回より低く感じたし、リアリティがなかった /

ということだったのです。

/ 2 / 怖さを和らげる方法 /

この章では、前章の体験談でお話しした1回目と2回目の怖さの違いについて書いていきたいと思います。

/ 2-1 / なぜ1回目の方が怖かったのか?/

なぜソアリンに1回目に乗った時の方が2回目に乗った時より怖かったのか…

その原因はズバリ!

/ 座席の位置 /

では詳しく解説していきましょう!

ななめ
これがソアリンの構造を簡単に図にしたものです

①~③は席を横から見たものです。

ソアリンは座席が3列に分かれており、アトラクションが始まると右のように椅子がせり上がる仕組みになっています。

前方の座席はスクリーンが足元を覆うようになりますが、後方の席はやや映像の枠を感じる景色となっています。

勘の言い方ならもうお気づきでしょうが…

つまり / ななめ / は、1回目の時は①の列に、2回目の時は③の列に座っていたということです。

①の列は遮るものは何もなく、物理的な高さもそこそこあったため、本当に飛んでいるように感じます。

一方③の列は上に席が見えるため、飛んでいるという感覚が薄れるのと、物理的な高さもそこまで高くないため、地面の存在をより近くに感じることができるということになります。

/ 本当に空を飛んでいるように感じるのは①の方である /

これが今回の記事の最大の根拠であり、発見であります (笑)

おそらく普通の人よりも高所恐怖症の人の方が敏感なので、自分はより違いを鮮明に感じたということでしょう。

ななめ
座席の列によって怖さが異なるということです!

/ 2-2 / 怖さを和らげる方法 /

ずばり怖さを和らげる方法とは…ということなんですが、

ここで思い出してほしいのは、あの乗る直前のアナウンスです。

/ 高いところが苦手な方はキャストにお伝えください!/

これ、申告したらどうなるのか…と思っていたのですが、

おそらく、最大限に怖くない座席を案内してくれるのではないか…

ということだと思います。

つまり乗る前に申告することで優先的に③の座席を案内してくれるということです。

これが冒頭に書いた

/ 本記事の結論 /

高いところが怖いという人はソアリンに乗る直前にキャストに申告すべし

という結論に繋がってきます。

ただ1つ言いたいのは…

/ 高いところ怖いって自分ではちょっと言いづらい!/

これです!本当にこれにつきます!(笑)

今回の記事を見ていただいた方はぜひ、高いところが苦手な人が同行者にいた場合は、

/ 自分低い席でもいいけど、低い席にしてもらおっか!?/

などと提案してくれたら、ソアリンに現れた天使となれることでしょう (笑)

また、情報がない人と一緒に行く場合は、

/ 高いところ大丈夫?/

とあらかじめ聞いてあげるのも最強の優しさだと思います!

/ 最後に /

いかがでしたでしょうか。

高所恐怖症って色々なところで結構大変ですよね…

特にこういうものはその場の雰囲気とかもあったりするので、乗らなくてはならないこともしばしば…

少しでもそんな方々の助けになっていれば幸いです。

次に行ったとき、私は迷わず申告しようと思っています (笑)

少なくとも1番前の席はもう二度と乗りたくありません…

ということで記事は以上になります。

ちなみに…

高いところ嫌いな人向け怖いアトラクションランキングも別で記事にしているので、興味があればこちらも / ななめ読み / してみてください!

併せて読みたい
【高所恐怖症向け】/ ディズニーの怖いアトラクションランキング /

続きを見る

感想やもっと知りたい情報等ありましたら、コメント欄で教えてもらえると嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

高いところが苦手な / ななめ / より心を込めて。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

/ ななめ /

【経験業種】 / 夢の国のキャスト/ 旅行会社社員・添乗員 / 幼児・子供関連会社 海外営業・マーケティング /【取得資格】/ 総合旅行業務取扱管理者 / 世界遺産検定2級 / 簿記2級 / 貿易検定C級 / ITパスポート / 中小企業診断士1次試験のみ合格 /