/ 観光・旅行 / / 資格 /

【資格取得者のおすすめ】/ 総合旅行業務取扱管理者の独学向けテキストと問題集 /

今回の記事では旅行業務取扱管理者のおすすめのテキスト&問題集について / 学生時代に資格を取得した / ななめせん (目線) でわかりやすいようにご紹介していきます!
ななめ
なな
実際に使っていたテキストなど気になります!

こんな人におすすめの記事

  • おすすめのテキスト&問題集が知りたい
  • 本屋に行ってみたらたくさんあったので、違いも分かりやすく知りたい
  • 学生の時に資格を取った人が実際に使っていたものが知りたい

総合旅行業務取扱管理者って何?という方は先にこちらの記事をチェックしてみてください。

併せて読みたい
【元旅行会社社員が解説】/ 旅行業務取扱管理者という資格について /

これからテキストを買いに行く皆さんは本記事を / ななめ読み / で確認してみてください!

/ 1 / テキスト選びの基本 /

/ 1-1 / テキストは自分に合ったものを選ぼう /

/ 本節のポイント /

/ テキストは人それぞれ / レベルや環境次第 /

/ テキストの厚さや説明の細かさがポイント /

まず大前提ですが、人によって合っているテキストや問題集というのは異なります。

学生や業界外の方が総合旅行業務取扱管理者の資格を取る場合は / 説明が細かく・丁寧な本 / がいいと思いますが、分量は多くなります。

逆に業界関係者なら / ある程度業界用語などの説明を省いている本 / でも理解できるはずです。分量は少なくて済みます。

ご自身のレベルや周りの環境に合わせてテキストや問題集を選ぶことが大切です。

今回のななめのおすすめは自分の勉強経験を基にしているため、独学かつ初学者 / 学生や業界外の人 / を主な対象としています。

なな
私はこれから始める初心者なので、今回の記事のおすすめの対象となりますね。

/ 1-2 / 大きめの本屋で実物を見てから買おう /

/ 本節のポイント /

/ テキストや参考書を買う時は必ず実物を見るべし /

/ ストレスなく読めそうか?難しい用語の解説があるか?がポイント /

/ 実物を見てからネットで買うのもよし /

資格のテキストや問題集を購入する際はなるべく店頭で実物を見た方が良いです。

特にたくさんのテキストや問題集と比較ができるようになるべく大きめの店舗に行きましょう。

写真は東京都新宿のブックファーストという大型書店です / ななめがよく行く書店の1つ / 2021年8月時点で、資格コーナーの一角に旅行業務取扱管理者のセクションが設けられていました!

これらの中から、何冊かめくってみて自分に合うものを選んでほしいのですが、その際のポイントとしては、

/ キャラクターの使用やレイアウトなどストレスなく読むことができそうか?/ と / 難しい用語がきちんと説明されているか / の2点を重視して確認してみてください!

これから長い付き合いになる本です。読みやすさは特に気にしてあげてくださいね。

すぐに始めないという場合は、購入自体はネットからの購入でもいいと思います。

テキストと問題集を買うとそれだけでも結構な重量になりますからね… (笑)

自分は書店で買ってしまう派ですが、値段は同じなので自分の都合に合わせて購入してください!
ななめ

/ 2 / ななめのおすすめ /

ここまでは資格のテキスト・問題集選びのポイントを説明しましたが、ここから / ななめ / おすすめのテキスト・問題集をご紹介していきますよ~
ななめ
なな
よ、待っていました~!

/ 本章のポイント /

/ 1番のおすすめはユーキャンのテキストと問題集 /

/ 余裕があれば大原の問題集 /

/ 過去問はTACの過去問集 /

ここからは実際に使っていたテキストと問題集をご紹介します!

/ 2-1 / ユーキャンのテキストと問題集 /

/ ななめのおすすめポイント /

/ 用語の説明が詳しく、初心者でもわかりやすい内容になっている /

/ この2冊を完璧にやっておけば、ほぼ合格点までは到達できる /

/ 問題集では答えだけでなく考え方やポイントの説明がある /

資格スクールのユーキャンが毎年出版しているシリーズです。

まさに独学で勉強している初学者におすすめのテキスト&問題集です。

/ ユーキャンのテキスト / 3080円 / 全688ページ /

比較的大ボリュームのページ数ですが、その分用語の説明や試験対策が豊富で読みやすい内容となっています。

上の画像はAmazonの試し読みから1ページ切り抜いてきたものを内容がわからないように加工したものです。

右横の余白でマダムが実際の試験問題に合わせたアドバイスをしてくれたり / 用語 / の吹き出しで解説を入れたりしてくれています。他にも様々なコンテンツで説明が補足されており、読みやすい内容となっています。

また本文もポイントごとに箇条書きで説明されており、とても読みやすいテキストの構成になっています。

/ ユーキャンの問題集 / 2860円 / 全500ページ / 

こちらもそこそこのボリュームですが、テキストと連動した問題集となっており、すぐにテキストに戻って確認をすることができます。

上の画像もAmazonの試し読みから1ページ切り抜いてきたものを内容がわからないように加工したものです。

問題集の解説の部分ですが、特に重要なことは / キーワード / や / ポイント整理 / などの項目として解説が載せてあります。

 

この2冊をある程度覚えておけば、合格基準点の60点には間違えなく届くと思います。

実際に私も現役の時はユーキャンのテキストと問題集を中心に勉強をしていました。

/ ユーキャンのテキストと問題集の弱み /

/ 観光資源の項目の分量がやや少ない /

/ 問題集の問題数が少ない /

敢えて弱みを挙げるとすれば、上記の2点です。

自分が現役の時はこの2点を他のテキストで補っていました。

しかし、2021年現在なんとユーキャンからこんな本が追加で出版されていました!

/ 観光資源のテキスト&問題集 / 1980円 / 全408ページ /

中身を見てみたのですが、これめちゃめちゃいいです!

/ 自分が現役の時、こんなのあったか…?/

問題集のパートは一問一答形式でサクッと勉強できる、要点まとめのパートは地図を用いて説明されていたり、海外の電車名や国立公園の名前など項目別にまとまっていたりで大変わかりやすいです。

そして何より、ポケットサイズで小さいことがとても良いです。

というのも / 移動中などのスキマ時間に勉強しやすいこと / と / 試験直前に確認しやすいこと / という点で大変優秀だからです。

試験直前の詰め込みで1番効果のあるのは / 観光資源 / です。

なぜなら、たまたまその部分が出て、直前に見ておいたから解けたということが1番あり得るからです。

だからこそ、この見やすさとサイズ感は素晴らしいなと思いました!

自分も現役時代に出会えていたら…買いだったな~ (笑) 試験当日の復習とかに役立ちそう!
ななめ
なな
とりあえずユーキャンのテキストと問題集から始めるのが良いということですね!メモメモ~

/ 2-2 / 大原の問題集 /

/ ななめのおすすめポイント /

/ 問題数が多い /

/ スマートフォンで見れる電子版がついてくる /

ユーキャンの問題集よりもさらに問題数が多い大原の問題集です。

/ 大原の問題集 / 各1210円 (海外実務のみ1320円) / 100~200ページ /

自分が現役の時、特にユーキャンでは掲載が少なかった / 観光資源 / のパートを中心に大原の問題集も全部解いていました。

ただ、問題数の多さゆえにニッチな問題も多いため、記憶の優先順位としてはユーキャンで覚えたものの補足ということで覚えておくのが良いと思います。

そして自分が現役の時にはなかった機能だったのですが / スマートフォンで見れる電子版 / の機能が実装されていました。

移動中なども勉強する時間がとりやすいため、もしまとまった時間がとれず、スマートフォンをベースに勉強したいんだという方は大原の方を選ぶといいかもしれません。対応したテキストも4冊分出ているので、そちらも併せてチェックです!

なな
なるほど!/ 机でしっかり勉強はユーキャンがおすすめ / スマホでスキマ時間に勉強は大原がおすすめ / というかんじですね!
自分の勉強スタイルに合った方を選ぶと良いと思うよ!まずはユーキャンでやって足りないところを大原の問題集でやるという複合パターンもあり!自分はそのパターンだよ!
ななめ

/ 2-3 / TACの過去問集 /

/ ななめのおすすめポイント /

/ 過去5年分の問題が掲載されている /

/ 実際の試験問題をより多く解くことができる /

ユーキャンの問題集では過去1年分 (去年) の過去問しか付属されていないため、数年分の過去問が解きたいという人にはTACの過去問集がおすすめです。

/ TACの過去問集 / 2860円 / 全550ページ /

さらに1期前のTACの問題集を買うとユーキャンと併せて6年分の過去問を解くことができます!正直そこまでやらなくてもいいかとは思いますが… (笑)

6年分はさておき、数年分の過去問を実際の試験時間と同じ時間でやってみるというのは重要なことです。

特に独学の場合は、スクールで行うような模擬試験を受けてではなく、いきなり本番という環境下にあるため、過去問に慣れておいた方が良いかと思います。

最後の総仕上げに過去問を解いておきましょう!/ 2~3年分が目安です /

なな
過去問はTACの過去問集を使うといいんですね!
総合旅行業務取扱管理者は試験後に試験問題を持って帰ることができるので、もし解説はいらないけど、問題だけ見たいという場合はネットを探せばだれか挙げている人がいるかもしれません…
ななめ
なな
なるほど!ちゃんとした解説が見たいという人にはおすすめなんですね!

/ まとめ /

/ ななめ / のおすすめまとめ /

/ じっくり勉強 / ななめ現役スタイル /

/ ユーキャンのテキストと問題集 / 大原の問題集 / TACの過去問 /

/ スマホで勉強 / スキマ時間スタイル /

/ 大原のテキストと問題集 / ネットから過去問 /

/ 一点突破 / 短期集中で合格スタイル / 

/ ユーキャンのテキストと問題集 / TACの過去問 /

/ プラスでおすすめ / これ便利じゃんグッズ / 

/ ユーキャンの観光資源ポケットブック /

テキストについては基本わかりやすさでは / ユーキャン / を選ぶのが良いと思います。

弱点の観光資源についてはポケットブックを購入することで補うことができます。

しかし、持ち運びなどのスキマ時間を重視する場合は現段階では / 大原 / を選ぶのが良いと思います。

その場合、大原は観光資源で1冊分テキストを設けているため、ポケットブックの購入は不要です。

ただ、それぞれのテキストをちゃんと覚えることができれば合格基準点に到達することのできるポテンシャルはどちらも持っていますので、まずはどちらかで始めることが大切です。

次に問題集についてはこちらもポイントを押さえているという点で / ユーキャン / がおすすめです。

ただ、問題数や過去問の数の関係で余裕のある人は / 大原 / や / TAC / の問題集や過去問集で補っていくのが良いと思います。

もちろん持ち運び重視なら問題集も / 大原 / のみでいい場合はあります。

試験時間までの時間と自分の力量、勉強のスタイルとで判断してみてください!

テキストや問題集を購入した上で勉強方法が知りたいという場合はこちらの記事も / ななめよみ / してみてください。

併せて読みたい
【資格取得者のおすすめ】/ 学生が総合旅行業務取扱管理者を独学で取得するための方法 /

今回の記事は以上となります。

他に知りたいことやおすすめのテキスト等ありましたら、コメントで教えてくださいね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

テキストや問題集をなんやかんやで結構買った / ななめ / より心を込めて。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

/ ななめ /

【経験業種】 / 夢の国のキャスト/ 旅行会社社員・添乗員 / 幼児・子供関連会社 海外営業・マーケティング /【取得資格】/ 総合旅行業務取扱管理者 / 世界遺産検定2級 / 簿記2級 / 貿易検定C級 / ITパスポート / 中小企業診断士1次試験のみ合格 /